塾と家庭教師の違い

学校の授業に加えて補足の勉強をはじめようとするとき、 よく思い浮かぶ方法として、塾に習うか、家庭教師をつけるという方法があります。 いずれも学校とは違うアプローチで勉強できるため、理解不足に感じているところや、苦手分野をカバーすることができます。 また、勉強量が比較的増える受験期の対策にも役立てることもできます。 どちらも人気がある学習法ですが、塾と家庭教師は具体的にどのあたりが変わってくるのでしょうか。

ここでは塾と家庭教師の具体的な違いとそれぞれのメリット、デメリットを解説します。 まず基本的か違いから確認しましょう。 根本として違うのは、生徒数です。 家庭教師はマンツーマンで指導してもらうのに対し、学習塾では一人の先生に対して一人の生徒がつきます。 それから、学習する場所にも違いがあります。塾は教室に通うのに対して、家庭教師は自宅が指導スペースになります。 ほかにも、塾は開始時間や授業時間がある程度決まっているのに対して、家庭教師はこちらの都合や各先生の方針によって決めます。

塾と家庭教師では、場所や時間などの基本的なことも違うのですが、実際の授業内容や指導方針も変わります。 細かいところは各塾、各家庭教師によってもちろん違いますが、ここでは一般的な違いを解説します。

まず、塾はそれぞれに確立したノウハウやマニュアルがあります。 点数ののばし方、苦手分野の克服方法、テスト対策など、膨大な生徒を見てきた分、その経験則から考えられた方法は、 子どもたちの勉強を手助けしてくれます。 一方家庭教師は一人一人が独立しているのでまとまったノウハウではなく、各個人の個性的なマニュアルや方法があります。 組織と個人という面で違いが出ます。